レーザー育毛

AGAは治る時代に入ったのか?

育毛に良い食材の摂取や食習慣を実行し、頭皮ケアプラス育毛剤も使ったにもかかわらず半年経っても薄毛の改善効果が認められなかったというあなたに、育毛効果が期待できる医薬品の情報をご紹介します。

 

男性型脱毛症は、男性ホルモンが毛根や全身の知覚神経組織で、5α−リダクターゼという酵素の作用を受けると、悪玉男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」へと変化します。

 

DHTは、知覚神経の機能を抑制する作用があり毛母細胞に影響を与え髪の脱毛を促進してしまいます。

 

この結果 薄毛だけでなく、高血圧、糖尿病、認知機能低下、さらに前立腺の病気のリスクが高まります。

 

フィナステリド(商品名:プロペシア)は5a−リダクターゼの働きを阻害するので、毛母細胞が正常に機能するようにします作用します。

 

1年間のプロペシアの投与で、AGAの人の58%に脱毛を抑制して髪を増やす効果が認められています。

 

また、プロペシア投与で糖尿病の改善も認められており、薄毛の改善以外にも認められることが分かっています。

 

フィナステリドは男性の性機能障害の副作用があるから飲みたくないという人たちが多いのですが、科学的な見解から言うとフィナステリドが男性ホルモンの働きを抑える訳ではないので男性の性機能障害は起こるはずがないのです。

 

実際に、臨床研究ではプロペシア投与群と非投与群の間で、性機能障害が起こった頻度には差はありませんでした、にもかかわらず男性の性機能障害の副作用の報告は消えてはいません。

 

DHTは育毛のブレーキになります、フィナステリドはそのブレーキを阻害するだけなので、積極的に育毛を促進する医薬品ではありません。

 

育毛パワーを全開にするためには、フィナステリドを服用しながら育毛を促進する「ミノキシジル」「カプサイシン」「イソフラボン」等を摂取することがベストになります。

 

ミノキシジルは血管を拡張する機能があり血行促進の薬効があります。

 

ミノキシジルには錠剤と塗り薬があるのですが、錠剤の方が効果が高いのですが副作用は錠剤の方が高いといわれています。

 

AGAの人達に、カプサイシンとイソフラボンを同時に併用摂取してもらって、半年後の育毛効果を判断すると75%に育毛効果が認められました。

 

フィナステリドを1年間服用したAGAの人達では、その58%に育毛効果があることが報告されています。

 

また、AGAの人達にフィナステリドとカプサイシン・イソフラボンを半年間服用してもらうと、その90%に育毛効果が認められました。

 

これらの人たちの育毛効果を観察した印象では、プロペシアだけを飲むよりも、カプサイシン・イソフラボンを併用することで、約2・5倍の育毛のスピードアップが認められるようです。

 

やはり、ブレーキ解除とアクセル踏み込みで、育毛スピードはアップしたのでしょう。

 

個人差はあるものの、半年間でAGAの90%に効果が認められたことは、AGAは、すでに「治る」時代に入ったと言う人もいます。

 

しかし、副作用の問題や、服用を止めると1年で元に戻るとも言われているので医薬品ではただの対症療法で根本解決にはならない、という人もいるのが現状です。