レーザー育毛

薄毛には森林浴が効果を発揮するのか!?

薄毛の人は育毛に良い食事をし、適度な運動をし、ストレスの無い生活環境を整え、頭皮ケアをし、育毛剤を使い、レーザー育毛ブラシを使った後には散歩に出かけてください。

 

ただ歩くだけでも健康に良いのですが、この散歩は健康のために歩くのではなく、育毛効果を意識しての散歩です。

 

運動は脳下垂体から成長ホルモンの分泌を促しますので、適度な運動は育毛には効果的です。

 

それに加えて、散歩コースが、知覚神経を刺激するような環境であることが重要です。

 

実は、森林浴には癒し効果など多くの健康効果があることが分かっているのです。

 

レーザー育毛ブラシを使った後の散歩で、近所の森林を訪れて癒されてみてはいかがでしょうか?

 

なぜ、森林浴は癒しの効果を持つのでしょうか?

 

森林の「フィトンチッド」は、主にテルペンという物質で、これが森林浴の効果を発現させます。

 

フィトンチッド とは、 微生物の活動を抑制する作用をもつ、樹木などが発散する天然の化学物質のこと。

 

植物が傷つけられた際などにに放出し、虫を殺す程度の殺菌力を持つ揮発性物質のことを指します。

 

テルペンは、山の中腹に多く存在し、すがすがしい気分にさせるヒノキの葉の香りは、50種類以上のテルペンからなっています。

 

そして、その中の代表的な物質に「ヒノキチオール」という物質があります。

 

このヒノキチオールには知覚神経を刺激する作用があることが分かっています。

 

実は、このヒノキチオールには育毛作用があることも知られており、薬用育毛ローションに含まれています。

 

小さな虫にとっては、有害なテルペンやオゾンの刺激も、大きな人間にとっては、適度の刺激となるようで、育毛にも良い作用につながるのでしょう。

 

しかし、高濃度なテルペンの場合は人体の組織に傷害を及ぼします。

 

刺激が適度であると、組織を守る有益な作用を発揮する仕組みを「ホルミーシス」と言います。

 

ホルミシスとは、ある物質が高濃度の場合には有害であるのに、低濃度であれば逆に有益な作用をもたらす現象を示す言葉です。

 

ある刺激物質が、過剰に作用すると、生体に不利な作用が出てきます。

 

しかし適量の刺激物質が知覚神経に作用すると、生体に有益な作用をもたらすというものです。

 

食後の散歩に出かけるあなたも、ぜひ森林浴をするようにしてください。

 

森林浴は心を癒し、しいてはそれが育毛にも良い効果が期待できるのです。