レーザー育毛

青色発光ダイオードによる育毛の可能性!

現在、フォトセラピーが高い関心がよせられていて発光ダイオードによる光やレニキビなど皮膚科の治療法に、LED(発光ダイオード)を導入する医療機関が増えています。

 

これらのレーザーはいわゆるレーザー育毛ブラシの波長とは違うそうで、この光を使って治療法は、レーザー治療に比べ即効性はないが、熱を使わないため安全性が高く、光の色を変え様々な症状に対応できるのが特徴です。

 

低出力レーザーの育毛や慢性的頭痛、関節炎の消炎効果が知られていますが、名古屋市立大学病院の岡嶋教授が青色発光ダイオードによる育毛の可能性についての臨床研究データを発表。

 

マウスなどを用いての実験となり背中部分を剃り、青色ダイオードを照射したマウスとしなかったものでは髪の成長に大きな開きがあるとのデータを得たそうです。

 

つまり、青色LEDを用いて皮膚を照射すると、美肌や育毛効果が認められるのだそうです。

 

青色LEDは、皮脂腺にたまりやすいポルフィリンという物質に働きかけ、活性酸素を発生させます。

 

活性酸素は、皮脂腺の活動を抑えニキビができにくくし、赤色はアンチエイジングなどに効果が見られるといいます。

 

食卓や照明に この青色LED使っても、育毛効果は期待できるでしょう。

 

しかし、青色光に照らされた食材は、食欲を落とし、せっかくの薄毛の食卓の豪華なディナーの雰囲気を台無しにしてしまいます。

 

そこで、実は青色光だけど、青色に見えない照明があることをご紹介します。

 

それは、白色LED電球です。

 

白色光を作るためには二つの方法があり、赤、緑、青の三色光の混合、もしくは青色光に黄色い蛍光を混ぜて白色のように見せるというもの。

 

後者の方法によって作られる白色光は「疑似白色」と呼ばれ、その実態は、青色の波長を待った光と黄色い蛍光が組み合わされたものです。

 

もし、あなたの頭上の照明が普通の蛍光灯や白色の電球であれば、今すぐに「白色LED電球」に変えてください。

 

 

実際に、白色LEDでマウスを4週間照射したところ、青色LEDで照射した場合と同じ効果があることが分かりました。

 

ジーンズは青色のものが多くを占めています、ではなぜ青色のものがよく利用されるのでしょうか?

 

一説によると、ジーンズで農作業をすると、蛇にかまれることが少ないらしいのです。

 

これも、青色の波長の特性かもしれません。

 

ですから、薄毛の人は、部屋の食卓や照明には「白色LED電球」がお勧めです!