レーザー育毛

新しい育毛促進技術「赤色ナローバンドLED」とは!?

まったく新しい育毛発毛促進技術ととして注目を集めるのが「赤色ナローバンドLED」です。

 

青色発光ダイオードによる育毛の可能性も発表されているので混乱するかもしれませんが、これは、LEDの波長の長い特定の赤色光を頭皮に照射すると、毛母細胞を活性化し育毛に有効な可能性があるという科学的データに基づき研究が進みました。

 

この新しい技術は大阪大学の学者による研究でさらに進化を遂げているといいます。。

 

副作用もなく、実用化されれば自宅で手軽に使えるために大きな期待がかかります。

 

現在ではこの技術、育毛サロンなどでも使われており、LEDを使った育毛器も現在ではネットで販売されています。

 

育毛剤にレーザー育毛ブラシに、赤色ナローバンドLEDが加われば、効果的な育毛治療を行うことができます。

 

このLED療法、緑色のLEは皮膚再生効果、青色のLEDに殺菌効果やニキビ予防効果などがあると言われています。

 

また、発光ダイオード(LED)にはその他にも脅威の治療治癒効果があるのが分かってきていて、怪我の治療、糖尿病の治癒、視力の回復などに効果を発揮しています。

 

毛髪治療は様々な有効性のある方法がありますが、それを組み合わせ、それぞれに合った方法を選べる時代が到来しそうです。

 

ここで、注意!

 

とかくレーザー療法(LLLT)とLED療法(LEDT)は混同されてしまうのですが、全く違う療法ですので お間違いなく。

 

一見すれば似ているので一緒くたに考えてしまいがちですが、レーザーとLEDが皮膚に対して効果を発揮する深度が異なります。

 

レーザー育毛ブラシの中にもLEDの入ったものが販売されていますが、その場合のLEDは皮膚の炎症を抑える効果のあるものだと思って間違いないでしょう。